温泉の入り方を参考に家のお風呂タイムを有効的に はなまるマーケット

美と健康、綺麗に年を重ねるために > メディア健康情報 > 温泉の入り方を参考に家のお風呂タイムを有効的に はなまるマーケット

温泉の入り方を参考に家のお風呂タイムを有効的に はなまるマーケット

10月14日のはなまるマーケットのとくまるで紹介された温泉の入り方が、家庭のお風呂に入る時にも参考になります。

すぐ実践しよう、と思ったのが、お風呂に入る前にコップ1杯のお水を飲むことです。これをするようになって、湯船に長く浸る事ができるようになってきました。

 

お風呂の入り方

・入る前にお水を飲む

・足や下半身にお湯をかけてから、湯船に入る 。

・体を洗う

・湯船にゆっくり入る(頭に濡れタオルを乗せる)

・上がってから、お水を飲む

・30分以内にスキンケアをする

頭の上に濡れタオルを乗せて湯船に浸かるのは、のぼせずに長く湯船に入れるコツです。秋バテにはぬるめの湯に、10分から30分入るとよい、と他の番組で見ましたので、濡れタオルを活用してください。

 

湯船でのリラックス法

・湯船のフチに頭を乗せて、足を曲げて足の裏を湯船の底につける。

全身にかかる「水圧」が少なくて、リラックスできるそうです。手をだらんとさせていると、体が浮くような感覚を覚えて、気持ちが良いです。

 

お風呂から出る時

・足に水をかける。

湯船で温まった体が、冷めにくくなります。水をかける瞬間は冷たいので、ぬるま湯から始めるとよいです。この方法は、はなまるで紹介された事ではありませんが、以前から聞く方法です。

 

温泉の成分について

もし温泉に行く場合は、温泉分析書のpHを確認するとよい、と紹介されました。「7.5以上」だと「美肌の湯」だそうです。

pH7.5以上の(弱)アルカリ性は、たんぱく質を溶かすので、肌の古い角質が 取れてつるつるすべすべにしてくれるのだそうです。





15分間の入浴は、5分間のジョギングに匹敵するほど カロリーを消費する、と紹介されました。ゆっくりお風呂に入って、リラックス感とカロリー消費の両方を手に入れてしまいましょう。

私は、年に一度くらいしか温泉に行きませんので、最近は、温泉のもとのような入浴剤で、癒されています。

 

 

LINEで送る


関連情報

  1. ためしてガッテン ワセリンで花粉症新対策 
  2. NHK「美と若さの新常識」骨の話と高カカオチョコレートの話
  3. NHKあさイチ「女性が危ない!隠れメタボ」を見て
  4. サタデープラスで紹介された黒酢しょうがで血管年齢の若返りを期待!?
  5. ビビットで紹介 松本明子さんの腸活で体質改善した方法
  6. あさイチ スゴ技Q 腰痛・肩こり予防にもなる脊柱起立筋トレーニング
  7. サタデープラス 名医が実践する健康法ベスト5から自分でできるものを実践
  8. 泥はねしない歩き方は、足先の筋トレが必要だとわかりました
  9. NHKあさイチで紹介 ひざ痛解消・予防法
  10. 豊潤サジーがめざましテレビ(フジテレビ)で紹介されました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です