若くても 油断大敵!骨粗しょう症の原因と対策 NHKあさイチ

美と健康、綺麗に年を重ねるために > メディア健康情報 > 若くても 油断大敵!骨粗しょう症の原因と対策 NHKあさイチ

若くても 油断大敵!骨粗しょう症の原因と対策 NHKあさイチ

4月16日(水)のNHKあさイチで、骨粗しょう症が取り上げられ、その原因と対策が紹介されました。

骨粗しょう症というと、60代以降の女性が多いと思われがちですが、「若いから大丈夫」は大間違いで、40代の若さで骨粗しょう症になる場合があるのだそうです。

番組で紹介された40代の女性は、1年間に2回転んで骨折し、骨密度を調べた結果、骨粗しょう症だとわかりました。

若い時から運動を行い、今もジョギングなどをしている運動好きで、食事も好き嫌いがなく、健康に自信があったそうなのですが、骨粗しょう症でした。

骨粗しょう症の原因は、骨密度の低下と骨の質によるものです。

骨密度は10代後半が一番高く、30代までは平行線をたどりますが、閉経の5年くらい前から低下していき、それ以降の女性の70%くらいは骨粗しょう症になるそうです。

骨が作られる10代後半までに、どのくらいの骨貯金があったかが、その後の骨密度に影響を及ぼすそうです。

また、骨粗しょう症になりやすい体型として、やせ型が考えられます。

やせていると、骨にかかる刺激が少なく、骨密度が低いのだそうです。また、骨を強くする働きをする女性ホルモンは脂肪に蓄えられるので、脂肪が少ないやせ型の人は、やはり骨密度が低いのです。

番組で紹介された女性は、お母さんも骨粗しょう症で治療を受けているそうで、遺伝が考えられ、体型がやせ型なので、もともとの骨貯金が少なかったことから、40代という若いうちに骨粗しょう症になったと考えられます。

遺伝は6割と言いますので、次にあげるチェック項目と合わせて確認すると、自分の危険度がわかると思います。


骨粗しょう症のチェックリスト

・小柄でやせ型
・両親や祖父母が骨粗しょう症
・閉経している
・偏食(牛乳や乳製品が嫌い)
・運動不足
・アルコールの多飲
・喫煙
・日光にあたらない生活
・過度のダイエット
・ステロイド薬の長期服用

上の中の項目で、当てはまるものが多ければ多いほどリスクが高くなりますが、中でも「両親や祖父母が骨粗しょう症」「アルコールの多飲」「喫煙」はリスクが大きいので、注意が必要だそうです。

アルコールの多飲は、せっかく採ったカルシムが尿になって流れ出てしまうからだそうです。



Sponsored Link




私が当てはまるのは3個ですが、もともと母譲りの骨細で、母は骨粗しょう症、腰骨の自然骨折も経験し、脊柱管狭さく症とすべり症で手術をしているので、遺伝している可能性が大です。

母は小柄でずっとやせ型、私は小柄ではないですが、骨が作られる20歳まではやせ型でしたから、骨粗しょう症になっておかしくない条件があり、年に一度の健康診断で、オプションで骨密度検査をつけています。

足首で計る簡単な検査で、昨年までは骨密度が80%以上はあったのでひと安心していましたが、年々どうなるかわからないので、気がかりです。

骨密度は70%未満で「骨粗しょう症」、70~79%で「骨量減少」、80%以上だと健康です。

若い時に骨密度を増やすことが出来ないと、その分だけ「骨量減少」や「骨粗しょう症」の数値に早く達してしまうそうなのです。

ただ、きちんと整形外科を受診して、骨粗しょう症の薬を飲めば、骨密度の数値は上がるようです。最終的には自分もそうなるのかと思いますが、その前に、運動や食事の工夫で現状維持した方が自然でよいと思っています。

さて、もう1つ番組で紹介された事例が、骨密度が高くても、自然骨折する不思議な骨粗しょう症でした。

50代以降になると、3人に1人は背骨が骨折しているそうです。痛くないのでわからない場合もあります。

紹介された女性は、立ち上がる時に腰を痛みを感じながらもあまり気にせず、だんだん物を持ち上げるのが辛く、背中が丸くなってきたので、受診したところ、骨粗しょう症と判定されました。

自然に起こる圧迫骨折で痛みを感じるのは3割の人で、それ以外の人は痛みがなく自然に治ったりするので、気がつかない事があるそうです。

この女性は骨密度は平均より高かったのですが、骨の質があまりよくなかったそうです。

骨を作るのはカルシウムだけでなく、半分がコラーゲンなのだそうです。カルシウムにコラーゲンが縦横に張り巡らされていて、コラーゲンが劣化すると、骨密度は高くても、骨がもろくなるのだそうです。

原因は糖尿病で、血糖が高いと、カルシウムでできている骨が糖に触れて、骨の質が悪くなるそうです。

女性は糖尿病を患っていました。

骨粗しょう症による骨折の原因は、7割が骨密度の低下、3割が骨質の劣化ですが、年齢や生活習慣病が関係します。

アンチエイジングの敵の酸化もそうです。


毎日の骨トレ

ある程度の老化は仕方がないものですが、骨の現状維持に役立つものとして、簡単な運動が紹介されました。かかと落し、です。

重力をうまく活用して骨を刺激する運動で、かかとを下げるだけの簡単なものです。

かかとをゆっくりあげて下げる運動は筋トレにはなりますが、骨を丈夫にはしないそうで、骨を丈夫にするには、かかとを少しあげて、ストンと落とす運動が効果的だそうです。

すると自分の体重が股関節にかかり、骨密度を維持することに役立ちます。

この場合のポイントは早さで、1分間に40回が目安です。1分間に150~170拍の曲に合わせて、4拍に1回のペースで行えば、ちょうどよい速さで行うことが出来るそうです。

紹介してくれた東京都健康長寿医療センターの大渕修一さんは、サザンオールスターズの「 HOTEL PACIFIC 」をかけて、リズミカルに行っていました。

リズミカルにかかと落としを行うと、骨に振動が伝わるそうです。1分間に40回のかかと落しを1ヶ月続けたら、倍の速さで行うと、より効果的になります。


骨太料理

最後に紹介されたのが、効率よくカルシムを採る方法です。

カルシウムだけを採っても骨は丈夫にはならず、カルシウムの吸収をよくするビタミン応援団が必要なのだそうです。

ビタミン応援団は、「ビタミンD」「ビタミンK」「葉酸」「ビタミンB6」「ビタミンB12」の5種類です。

カルシウムが豊富な「ゆで小松菜」と「ひじきの薄味煮」をベースに、カルシウムを吸収・沈着させる「ビタミンD」「ビタミンK」と骨質を強化する「葉酸」「ビタミンB6」「ビタミンB12」の組み合わせ料理が紹介されました。

ビタミンDを多く含むのは、天日干しの魚やきのこ、ビタミンKは葉野菜や納豆、葉酸も葉野菜や納豆、ビタミンB6は魚・肉、ビタミンB12は貝やレバーなどです。

番組で紹介されたのは、ビタミンDはさば缶、ちりめんじゃこ、さけ缶、さんま缶など、ビタミンKはたまごや納豆、ビタミンB6はとり肉、ビタミンB12はあさり・しじみなどを使う料理で、実際には、「ひじきのそぼろ」「小松菜とアサリのピリ辛炒め」「小松菜とサンマ缶の卵とじ」「ひじきと小松菜の納豆」あえ、でした。

 

LINEで送る


関連情報

  1. NHK「美と若さの新常識」骨の話と高カカオチョコレートの話
  2. 夏の飲み物ベスト3 1位は水代わりの炭酸水
  3. 母の世話からあらためて実感した食生活の大切さ
  4. NHKあさイチ「女性が危ない!隠れメタボ」を見て
  5. 夏バテ予防と美肌作りに貢献する? 熟したゴーヤとオレンジのジュース
  6. アナザースカイで見た長友佑都選手のウエストひねりストレッチ
  7. ビビットで紹介 松本明子さんの腸活で体質改善した方法
  8. あさイチ スゴ技Q 腰痛・肩こり予防にもなる脊柱起立筋トレーニング
  9. 風邪予防と風邪対策
  10. 火を使わないお灸 せんねん灸太陽体験


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です