鼻呼吸のやり方 呼吸法を変えると体質が変る?!

美と健康、綺麗に年を重ねるために > メディア健康情報 > 鼻呼吸のやり方 呼吸法を変えると体質が変る?!

鼻呼吸のやり方 呼吸法を変えると体質が変る?!

つねづね自分は口呼吸だと感じています。朝起きると、喉が渇いていて、イガイガする時もあって、口を開けて寝ているような気がするからです。

マスクをして寝ても、朝起きると喉が痛くて、冬場は特に不快感を感じています。

口を開けて寝るのは、見た目的にも格好がよくないので、治したいなと思っていました。

「からだにいいこと3月号」に鼻呼吸のやり方が載っていて、今まで知らなかった鼻呼吸のよさがわかり、1日でも早く鼻呼吸に変えたいと思いました。

睡眠中に口呼吸をしていると白血球がバイ菌だらけになるそうです。

アレルギー患者のほとんどの人が口呼吸だとか。

自分は鼻呼吸だと思っていても、寝ている時は口呼吸の事が多いそうです。

空気は鼻から入れるもので、口は食べ物を入れる器官なのが、人は言葉を発するようになったので、口呼吸ができるようになったそうです。

口呼吸が問題なのは、免疫力を低下させて、病気を引き起こすとこです。

体温が下げると免疫力が下がります。口呼吸は冷たい空気を直接入れてしまうために、体温が低下して、細菌やウィルスを退治する白血球がバイ菌だらけになるそうです。

この症状は、すごく思い当たります。以前より低体温になっていて、免疫力が落ちているからか、すぐに風邪をひくようになって、咳が長引いたり、すぐ鼻が出たりします。

年のせいだと思っていましたし、基礎代謝を上げたり、なるべく冷たい食べ物をとらない事がよいと思っていましたが、それに加えて口呼吸を鼻呼吸にかえれば、まだまだ改善できそうで、さっそく今から始めることにしました。


口呼吸のチェック方

□ふと気がつくと、口が開いていることがある
□唇がかさかさして乾燥している
□朝起きた時、のどがひりひりしている
□鼻の穴を動かそうと思っても動かない
□唇を閉じると、あごに梅干しのようなシワができる
□出っ歯気味(前歯が出ている)
□下唇がぽってりしている

これらの中から、1つでも当てはまるものがあったら、口呼吸の可能性があるそうです。

鼻呼吸のやり方

1.起きている時
・口を閉じて、鼻で息をする。
・いつも意識して行う。
・テレビを見ている時も忘れずに。
・食べる時は、口を閉じて噛む。

2.寝ている時
・口にテープを貼り、鼻で呼吸する。
 医療用の25ミリ幅のサージカルテープを口にはり、起きている時に数時間口を閉じていても苦しくないか、確認してから行う。





口にテープを貼る方法は、荒療治だと思いますが、早く鼻呼吸のクセをつけるには、効果的のような気もします。

サージカルテープを口に貼ったら、唇が荒れるのでは、と思いますが、一度はやってみる事にします。

口を閉じる事を意識すると、自然と口元に力が入るようで、見た目もよくなりそうです。



LINEで送る


関連情報

  1. NHKあさイチ「女性が危ない!隠れメタボ」を見て
  2. サタデープラスで紹介された黒酢しょうがで血管年齢の若返りを期待!?
  3. ビビットで紹介 松本明子さんの腸活で体質改善した方法
  4. あさイチ スゴ技Q 腰痛・肩こり予防にもなる脊柱起立筋トレーニング
  5. サタデープラス 名医が実践する健康法ベスト5から自分でできるものを実践
  6. 泥はねしない歩き方は、足先の筋トレが必要だとわかりました
  7. NHKあさイチで紹介 ひざ痛解消・予防法
  8. 豊潤サジーがめざましテレビ(フジテレビ)で紹介されました
  9. 夏でも脳梗塞は多い 若くても注意! TBSいっぷく
  10. 若くても 油断大敵!骨粗しょう症の原因と対策 NHKあさイチ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です