火を使わないお灸 せんねん灸太陽体験

美と健康、綺麗に年を重ねるために > 健康 > 冷え対策 > 火を使わないお灸 せんねん灸太陽体験

火を使わないお灸 せんねん灸太陽体験

TVで火を使わないお灸のせんねん灸太陽を見て、さっそく購入してみました。

続けられないともったいないので、3回使える6個入りにしました。


okyu


使った場所は、肩とくるぶしの内側の下、です。

肩は血行をよくするため、足は冷え対策です。


感想は、肩に貼ると、熱く痛く痒いような気がしてきて、すぐにやめました。

それでも、数日後に見たら、肩にうっすら跡が残っていました。

温度が40度から50度になるので、私の肩にはむかないと思いました。


くるぶしの内側は、やわらかい場所ですが、まったく問題なく、持続時間の3時間貼っていられました。

お灸を貼ってくつ下を履けば、普通に行動できますから、家の中にいるにはまったく問題ありません。

外出はしませんでしたが、できると思います。

足の冷えには、すごく効果を感じたわけではないのですが、貼っているから冷えに効くだろう、という思いで、効果があったように感じました。


火を使わないお灸の使い方は、カプセルの上下のシートを剥がして、直接ツボに貼る、という簡単なものです。

温熱の効果は、疲労回復、血行をよくする、筋肉の疲れをとる、筋肉のこりをほぐす等が挙げられています。


okyu2


火を使わないので、とても手軽でよいと思うのですが、お灸なので熱くなります。

低温やけどを100%防ぐことはできない、と書いてありますので、少しでも違和感を感じたら、やめるか、場所を移して試してみるとよいと思います。

場所を移すと、シールの粘着力が落ちると書いてありますが、肩からくるぶし下に移動させましたが、大丈夫でした。




私は典型的冷え性で、体の中心がいつも冷えていますが、最近は足首が冷えるので、温かくしたいと思って、試してみたのです。

内側のくるぶしの下には、「照海」という血行をよくするツボがあるので、そこで試しました。

「足三里」というツボをたまに聞いて、ここも冷えに効くツボと言われていますが、これはひざの上のなので、まだ試していません。

説明書を見ると、たくさんのツボと、その効用が書かれていますから、いろいろ試してみたいのですが、皮膚が柔らかい場所は、熱くなるだろうな、と思うのです。

もう少し低温でもよいと思うのですが、すると効果が薄れるのでしょうかね。40度くらいでよいです。


okyu3


自分の体のツボを知って、上手にお灸を使えたらよいな、と思いますが、皮膚が柔らかい場所は、熱く感じやすいので、残念です。


肩は大丈夫だろうと思ったのですが、私は痛痒いようになって、向いていませんでした。

LINEで送る


関連情報



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です