てぬぐいで行う乾布摩擦のすすめ

美と健康、綺麗に年を重ねるために > 健康 > 生活習慣 > てぬぐいで行う乾布摩擦のすすめ

てぬぐいで行う乾布摩擦のすすめ

昨年の秋頃から、朝起きた時に、乾布摩擦を行っています。冬になって、寒くて少しさぼっているのですが、だんだん暖かくなってきたので、再開しようと思っています。

たまたま、乾布摩擦が取り上げられているTVを見て、ちょうど家に手ぬぐいがあったので、やってみようと思いました。

乾布摩擦は、以前は、乾いた布で素肌をこする方法が一般的でしたが、洋服の上からでも効果があるというのです。

確かに、洋服の上から手でさすっただけでも、体が温まるのを感じます。

さするだけでも、血行をよくしてくれる効果があるのだと思います。

乾布摩擦のやり方は簡単で、体全体を乾いた布で上から下や、円を描くようにさするだけです。

3分くらいかけてやるとよいそうですが、私は朝起きて着替える時にやっているので、冬は寒くて3分もやっていられません。

服の上からやるには、Tシャツの上からくらいがよいのですが、なるべくなら素肌がよいと思っています。

昔から良いといわれている事は、やはり効果があるものなのだと、見直しています。


tenugui2


両腕、両足、上半身、背中を軽くこすって、あっという間におしまいにしています。

効果はまだわからないのですが、手軽にできるので、続けていこうと思っています。

昔から乾布摩擦は体を丈夫にすると言われていて、子どもにおすすめだったのですが、乾布摩擦の効果は風邪をひきにくくしたり、喘息症状の軽減も聞いていますから、大人にもおすすめの健康法なのです。









それから、乾布摩擦の効果は、ダイエットが言われています。

なぜダイエット効果があるかというと、乾布摩擦をすると血行がよくなり、新陳代謝がよくなるので、代謝があがるようです。

代謝があがると、同じ食事量をとっても消費する量が違うので、だんだん体重が減るのだろうと思っています。


良い効果が多い乾布摩擦ですが、注意しなくてはならないのは、アトピーなどの皮膚炎が有る場合です。

乾いた布で直接こすって、痒みがましたり、荒れたりする場合があるからです。

痒くなりそうな場所は避けて、手足などの痒くならない場所で様子を見るとよいと思います。


洋服の上から行う場合は、書籍が出ていますので、それが参考になります。これは、TVでも紹介されました。


DVD付き 本当はスゴイ! 乾布摩擦トレーニング


冬は肌が乾燥しているので、アトピーでなくても肌が痒くなりがちです。

始めるなら、暖かくなった春から夏にかけてがよいかもしれません。

手ぬぐいを使った方が、肌にやさしいのではないかと思います。


余談ですが、昔は銀行などで粗品でてぬぐいをくれたようです。

いつからかサランラップやティッシュになり、今はそれもあるのかどうか。

ネット銀行も多いので、銀行に口座を開設しに行くということが少なくなりましたね。

実家で、銀行の名前入りの手ぬぐいが見つかって、かなり古くて、捨てる一歩手前でしたら、もらってきたので、しばらくは買わなくてよさそうなのです。


LINEで送る


関連情報

  1. 賛否両論ありますが朝食抜きは体調がよいようです
  2. 低速ジューサー クビンスサイレントジューサーで毎日生酵素ジュース作り
  3. がんを防ぐための12カ条


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です