シムシムのヘナカラーで自分好みの色を作る

美と健康、綺麗に年を重ねるために > 美容 > ヘアケア > シムシムのヘナカラーで自分好みの色を作る

シムシムのヘナカラーで自分好みの色を作る

シムシムのヘナカラーを愛用しています。

色は、オレンジ、ブラウン、ソフトブラックとありますが、ソフトブラックを使っています。

オレンジはヘナ本来の色なのですが、髪がオレンジになってしまうので、私は単体では使えません。

でも、月に一度は、オレンジで染めてから他の色を使うと、色の入りがよくなるそうなのです。

ですから、オレンジも購入しています。

白髪が一番目立たなくなるのは、ソフトブラックなのですが、夏に真っ黒の髪は重たく感じたので、前回からブラウンを混ぜてみることにしました。

最初に混ぜたのが、ブラウン1:ソフトブラック2、です。

2016hena8


この配合は、全体の染まりはよいのですが、白髪部分の染まりが薄くて、ちょっと満足いかなかったです。

もう少し白髪がわからなくなった方がよいと思って、次はブラウン1:ソフトブラック4、で染めてみました。

すると、黒い髪に見えますが、光によっては、多少ブラウンが見える程度になって、白髪もまあまあ目立たない結果になったので、満足しました。

本当はもっと微妙に割合を変えてみたい気持ちがありますが、それには特売などの時の大袋を買わないとなりません。

通常は、三角の袋に入った25グラム入りが一般的なのです。


シムシムのヘナカラーは、ショートヘアなら1パックでよいのですが、肩につくくらいの髪の長さだと2~3パックが必要です

3パック使うと、後頭部や襟足にも余裕で塗る量が確保されます。

今回は、ブラウン1パックの半分を使ってみたので、あと半分残っています。

封を切っても、1週間くらいは平気だろうと思って、初めて中身を残して、ジップロックの中に入れました。


染める時の用意として、シムシムのヘナカラーは、封を切ると周囲にヘナの粉が飛ぶので、レジ袋を利用しています。

2016hena9


このレジ袋は、染めた後に、使った手袋やケープも入れて、捨ててしまうのに便利なのです。


そして、ヘナで染める時に私が愛用しているのは、くしとはけが一緒になったものです。

とがった部分でボトルに入れたヘナをかきまぜています。

次に、ボトルのふたをして、縦横によく振ります。

2016hena10

ヘナの準備が出来たら、くしで分け目を付けて、手ですくったヘナをハケで塗っていきます。

2016hena11


最後は、シャンプーする要領で、髪全体にもみ込んでで、2時間くらい放置します。

そんなに置かなくてもよいのですが、なんとなくよく染まるような気がして、長く置きます。


白髪を染めるには、ソフトブラックが一番よいのですが、シャンプーの時に指先が黒ずむのが困りものなので、髪の色だけでなく、そのために少しブラウンを入れるようになりました。

染めた後のシャンプーですが、多少きしむので、トリートメントをした方がよいと思っています。

シムシムからシャンプーも出ていますが、私は違うものを使っています。

数日はきしみと指先の黒ずみが気になりますが、その後は解消されます。

最近白髪が増えているので、たぶん後頭部はうまく染まっていないと思うのです。

それで、2カ月に1回美容院で染めて、染めて3週間たった頃から、ヘナで染めています。

頭頂部の分け目から、白髪が目立つようになるので、その部分を最初に染めています。

LINEで送る


関連情報

  1. シムシムのミラクルヘナを使ってみました
  2. ミノキシジル5%配合 最強?ロゲイン女性用育毛剤
  3. シムシムのヘナカラーで白髪を目立たなく染める方法
  4. オーガニックヘナ シムシムのヘナスターターセットを使ってみました
  5. シムシム ヘナカラー 2色染め
  6. トリートメントもリンスも不要 アミノ酸系シャンプー「ごまくりあ」でふわっとした髪を実感
  7. NHKあさイチ「薄毛」対策を復習
  8. 女性用育毛剤デルメッドヘアエッセンスを使って、抜け毛が減ったと感じました
  9. シムシムのお徳用ヘナ購入で、備長炭をいただきました
  10. ヘナで黒髪戻し シムシムジャパンのシムカラー「ソフトブラック」で実現


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です