クロスバイクとママチャリの乗り分け

美と健康、綺麗に年を重ねるために > 筋トレ > クロスバイクとママチャリの乗り分け

クロスバイクとママチャリの乗り分け

タイヤがすごく細い自転車の名前がクロスバイクだと知ったのは最近です。

父が乗っていたクロスバイクが放置されていたので、実家で乗ることにしました。
きっかけは、バス代節約のため。
父が老健施設に入所したので、そこへ行く時に乗っています。

乗ってみると、なんどスピードの出る事!、
漕ぎだしはふらつくのですが、だんだんスピードに乗ると、すごく早いです。
平地だったら、普通の自転車の若いお兄さんにはついていけませんが、若いお姉さんならついていけます。というか、抜かせるくらいです。

ひと漕ぎの距離が違うのですよね。
そして、スピードが出るので、風になったみたい!疾風とはこういうことを言うのだ!なんで密かに感激しています。

ただ、ギアの操作ができません。
本当は、スピードに合わせて、前と後ろのギアを変えていくのだそうですが、そんなことは初心者なのでできません。

今は、乗り降りするのが精一杯。乗り降りは、足を後ろにあげて、またぐのです。

足が着かないと怖いので、本来はサドルは高くして足は地面に着かないくらいにするのですが、ちょっとだけ足がつくようにしています。
なので、漕いでいると膝が曲がるので、痛くなるような感があります。

幸いなことに、施設までは、車の少ない道と、車道と別れた歩行者・自転車道路があるので、走り易くて、快適です。

最初は、ふとももの内側が痛くなったので、筋トレになっていると思うのと、タイヤが細いからか、ママチャリ以上にバランス感覚が求められるような気がします。
それから、慣れるまでは、腕に力が入っていて、信号待ちのたびに、腕振りをしていたくらい、疲れました。

要注意は転倒で、スピードが出るので、ヘルメットをしている人もいますね。
調子に乗ってスピードを出して、これで転んだら、本当に危険だと感じるので、用心はしています。
一応、特約で自転車保険にも入っていることを確認しているので、それは安心。


そして、ママチャリも以前より乗るようになりました。
こちらは、最寄り駅の駐輪場を定期契約して、実家へ行くときに利用しています。

地下駐輪場で、出入りする時は、ハンドルを握って力をいれるので、最初は背中が痛くなりました。
腕の運動って、あまりやっていないので、これも慣れるまでは数回かかりましたが、今はどこも痛くありません。

ママチャリは普段から乗っていましたが、乗る距離が伸びたので、良い足の運動になっていると思います。

最近、足が張っているのは、少し筋肉がついたのかも、と思うのです。
この際、足は太くなってもよいので、筋肉がついた方が嬉しいです。

実家でクロスバイクに乗った日に、戻ってきてママチャリを乗ると、不思議な感覚になります。
乗り降りの方法も、乗る姿勢も違うので、注意しないと、と思います。

すっかり春になって、新緑がきれいな頃なので、自転車で走るのはとても気持ちがよいです。
ただ、日焼けには注意ですね。


LINEで送る


関連情報

  1. あさイチ スゴ技Q 腰痛・肩こり予防にもなる脊柱起立筋トレーニング
  2. NHKあさイチで紹介の簡単筋トレ 30分後くらいまでにタンパク質を食べるとさらに効果的!に注目しました
  3. NHKあさイチで紹介 ひざ痛解消・予防法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です